GAP導入のメリット

農産物は、圃場から出荷まで、トレーサビリティおよび完全性が必要とされています。
GAPを導入することにより、農産物のリスクを低減し、品質を確保し、安全性と生産性の向上、さらに持続可能な発展的農業を継続的に改善することができます。

JGAPとは

日本GAP協会が2006年に運用開始した、認証プログラムのJGAP(ジェイ・ギャップ)は、Japan Good Agricultural Practice(日本の良い農業のやり方)の略です。

J  ・・・
Japan(日本の)
G ・・・
Good(良い)
A ・・・
Agricultural(農業の)
P ・・・
Practice(やり方)

 

2つのGAP認証プログラム

日本GAP協会は下記2つのGAP認証プログラムを運営しています。

  1. JGAP
    日本の標準的なGAPとして、必要十分な内容を備えており、食品安全、環境保全、労働安全、人権にも配慮しています。既に多くのステークホルダーの支持を得ています。
  2. ASIAGAP
    ASIAGAPは、JGAPの基準に、HACCPベースのリスク管理や食品防御、食品偽装の防止等の基準を上乗せしています。国際的なGAPプログラムとしてふさわしいGAPです。

 

認証の仕組み

認証体制

JGAP/ASIAGAPの特徴

  • JGAPとASIAGAPは、農場やJA等の生産者団体が活用する農場・団体管理の基準であり、認証プログラムです。農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の1つです。
    JGAPとASIAGAP認証は、JGAP或いはASIAGAPの基準にもとづいて「食の安全」や「環境保全」に取り組んでいることが、第三者機関の審査により確認された農場に与えられる認証です。
  • JGAPとASIAGAPは、農業や流通業界などのステークホルダーの中から選ばれたメンバーで構成される技術委員会によって開発された農場管理の基準です。
  • JGAPとASIAGAPの違いは、日本の標準的なGAPとして、必要十分な内容を備えているJGAPに対し、ASIAGAPは、HACCPベースのリスク管理や食品防御、食品偽装の防止等にも対応しています。

 

技術委員会

技術委員会組織図は下記リンクボタンから

▼ 技術委員会組織図

技術委員会メンバー一覧は下記リンクボタンから

▼ 技術委員会名簿

 

JGAP/ASIAGAPの管理基準

農産物の管理

control-criteria01管理基準は、種まきから収穫まで、全部で120項目以上のチェックポイントがあります。
栽培の記録がしっかり取られており、いつ、どの圃場で、どうやって栽培したものかわかります。

土の管理
土壌の安全性の確認をはじめ、土壌流出の防止や、持続的な土地利用のための土づくりを行っています。
水の管理
生産工程で使用する水について、水源や貯水場所も含め、農産物に危害を与える要因がないか検討し、必要な場合には対策をしています。
農産物を洗う水について、水質検査を行い、衛生的であることを確認しています。
肥料の管理
原材料、製造工程、検査結果を把握することで、農産物への危害がないか確認しています。
農薬の管理
農林水産省が推奨するIPMという考え方を用い、農薬だけではなく、利用可能なすべての防除技術を検討し、病害虫・雑草を抑える計画を立てます。
さらに、農薬が正しく使われていることを確認し、残留農薬の検査も行っています。
衛生的な管理
作業者については、健康状態の把握や服装等のルールを定めています。また、施設や機械・器具についても、農産物に危害がないよう確認し、必要な場合には対策をしています。
放射性物質
の管理
栽培に使う土・水・肥料・たい肥などの放射性物質を確認・管理しています。

 

家畜・畜産物の管理

control-criteria02農場での管理基準は、31項目、113の管理チェックポイントがあります。

餌の管理
家畜に危害を与える要因(カビ毒、病原微生物など)がないか検討し、法令に基づいた飼料の安全性を確認しています。さらに、自給飼料については専用項目を設け、農薬や肥料などの管理を行い、安全であることを確認しています。
薬の管理
家畜・畜産物を通して人に危害を与えることがないよう、動物用医薬品(抗菌性物質など)や注射針の残留対策を行っています。また、抗菌性物質の慎重使用に取り組んでいます。
家畜の健康管理
家畜の健康管理、家畜伝染病の予防に獣医師と協力して取り組んでいます。
家畜伝染病予防法に基づく飼養衛生管理基準を遵守するとともに、必要な対策を講じています。
排せつ物の管理
周辺の環境や地域住民に配慮した排せつ物の処理を行っています。排せつ物をたい肥として有効利用する場合は、地域内の利用促進に努めています。
アニマルウェルフェアへの配慮
国際規約(OIE:国際獣疫事務局)に基づき作成したチェックリストを活用して、アニマルウェルフェアに配慮した飼養管理の改善を行っています。
放射性物質
の管理
出荷する家畜・畜産物に対する放射性物質の安全性を確認しています。

 

基準書の種類

standard-sample-jgapstandard-sample-asiagap

JGAPは、日本の標準的なGAPとして、必要十分な内容を備えています。
ASIAGAPは、HACCPベースのリスク管理や食品防御、食品偽装の防止等にも対応しています。
カテゴリー毎に、次の通り基準書があります。
※ ボタンクリックでPDFファイルをダウンロード

青果物 JGAP 2016 ASIAGAP ver.2
穀物 JGAP 2016 ASIAGAP ver.2
JGAP 2016 ASIAGAP ver.2
家畜/畜産物 JGAP 2017
団体事務局用 JGAP 2016 ASIAGAP
総合規則 JGAP 2017
農産物
JGAP 2017
家畜・畜産物
ASIAGAP

 

標準品目名リスト

JGAP/ASIAGAP標準品目名リストは下記リンクボタンから
※このリストは認証書に記載される品目名を基にしています

▼ 青果物
▼ 穀物
▼ 茶
▼ 家畜・畜産物

JGAP / ASIAGAPマークについて

JGAP / ASIAGAPマーク(JGAP、ASIAGAP及びその文言を含むマーク)は、日本GAP協会が使用権を持つ商標であり、使用するためには日本GAP協会による許諾が必要です。

JGAP / ASIAGAPマークは、食の安全、環境保全型農業、労働安全に配慮した農場・団体で生産された農産物であることを表すものです。

JGAP / ASIAGAPマークは、消費者向け農産物ブランドではなく、その農産物を生産した農場・団体が導入している経営管理の手法を伝えるものです。

【JGAP認証農場マーク】 【ASIAGAP認証農場マーク】
JGAP認証農場マーク ASIAGAP認証農場マーク
JGAP認証を取得した認証農場・団体が使用できる。 ASIAGAP認証を取得した認証農場・団体が使用できる。

 

認証数の推移

認証農場数

認証農場検索は下記リンクボタンから

▼ JGAP認証農場検索