日本GAP協会公認 JGAP/ASIAGAP研修

指導員研修について

JGAP/ASIAGAP指導員とは、GAPの導入を検討する農場やJA等の生産者団体に対して、その指導や相談に乗る方々です。日本GAP協会が提供している研修、または日本GAP協会公認の指導員研修機関が開催する研修に参加することで、JGAP/ASIAGAP指導員の資格を得ることができます。

指導員研修の種類
  1. 指導員 基礎研修(2日間コース)
  2. JGAP/ASIAGAPの基礎の学習から、ケーススタディを用いた実習まで行います。現場での指導に役立つ実務者向けの研修であり、GAP初心者にも最適な内容です。

  3. 内部監査員研修「GAPの産地リーダー養成研修」(2日間コース)
  4. 生産者団体(JAなど)でJGAP/ASIAGAPに取り組む方法を学びます。実習を通して、団体認証のノウハウと生産者団体マネジメントの最先端テクニックを学びます。

  5. JGAP/ASIAGAP指導員 現地研修(1日コース)
  6. 農場のJGAP/ASIAGAP指導方法を学びます。認証を取得した農場を訪問し、研修を受けます。実例を通してJGAP/ASIAGAP導入方法や取り組み方(農場管理の手順)、活用方法について学ぶことができます。

  7. ASIAGAP指導員 基礎差分研修(1日コース)
  8. インターネット研修(資格更新)
  9. JGAP/ASIAGAPで定めている基準について、写真や帳票類を通して具体的な取り組み方を学ぶことができます。指導員としての知識と技術の向上に活用できます。インターネットを利用できる環境があれば、どこでも受講することができます。

日本GAP協会公認 指導員研修機関

指導員研修については、下記研修機関にお問合せください。

審査員研修について

審査員研修の種類

審査員研修には以下の種類があります。

審査員補 資格取得
審査員又は上級審査員の立会いの下で、個別審査及び団体審査における農場の審査を担当することができる。
  • 指導員基礎研修
  • 審査員研修
審査員 資格取得
個別審査及び団体審査における農場の審査を担当することができる。
  • 内部監査員研修または団体認証講座
上級審査員 資格取得
個別審査及び団体審査における団体事務局の審査と農場の審査を担当するここができる。
  • IRCA/JRCA/RAB承認のマネジメントシステム審査員研修コース
  • 日本GAP協会の認めるマネジメントシステム審査員研修コース
日本GAP協会公認 審査員研修機関

審査員研修については、下記研修機関にお問合せください。